勿忘の鐘

東日本大震災から7年、札幌別院では「決して忘れない、この震災を心に刻み、 犠牲者に思いを馳せ、
今後も復興と支援の思いを繋いでいきたい」という願いのもと、 3月11日午後2時46分に梵鐘をつき、
お勤めをさせて頂いております。
本年も下記の日程で「勿忘の鐘」を行います。
どなたでもご参加頂けますので、ぜひお集まりください。

勿忘の鐘
日時 3月11日(日)午後2時46分
場所 札幌別院鐘楼堂     
    ※鐘撞きの後、本堂に移動し法要と三浦崇輪番による法話がございます。