今月のことば

 言うまでもなく友人とはかけがえのない存在です。
 しかし、そのかけがえのない存在に対してさえも、自分の都合に合うことを求め、期待にそぐわなければ怒り、傷つける様な心を私たちは持っています。
 「お前なんかもう友だちじゃないからな!」とは子どもの頃、些細な事で友だちと喧嘩して叫んだ言葉です。小さな子どもでも、友だちに自分の期待に添うことを求め、思い通りにならなければ相手に怒りをぶつけます。
 明治の仏教者、清沢満之はこれを「自分に於いて不充分な所があるから、その欠陥を補うがため」友人に期待するのだと述べています。大切な友人、かけがえのない友人と思っていながらも、ともすれば自分の不満や要求を満たすために様々な条件を友人に求めてしまうことがあるのではないでしょうか。
 清沢は真の友人関係を築くには「宗教的根拠にたつものでなければならぬ」と言います。「宗教的根拠」とは、宗教団体に入っているべきであるという意味ではなく、一人一人の人間が等しく尊い命を生きる存在であるという自覚に立つということです。本当の友人とは相手に何かを求めるではなく、お互いの尊さを認め合う存在であると言えるのでしょう。


《HY》(2018年8月1日)


過去のことば

2018年07月01日
「仏法は世間のひまをかきて聞くべし」
2018年06月01日
「自力というのは『きりがない』という性質を持っている
2018年05月01日
「青き色には青き光、黄なる色には黄なる光……」
2018年04月01日
「生かさるる いのち尊し けさの春」
2018年03月01日
「念仏者は無碍の一道なり」
2018年02月01日
「己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり」
2018年01月01日
「人生に絶望なし いかなる人生にも決して絶望はない」
2017年12月01日
「人の尊さに差異はない。すべての人がそれぞれに光っている」
2017年11月01日
「智者のふるまいをせずして只一こうに念仏すべし」
2017年09月01日
「田が有れば田を憂う 宅が有れば宅を憂う」
2017年08月01日
「己が身にひきくらべて 殺してはならぬ 殺さしめてはならぬ」
2017年07月01日
「食前のことば」
2017年06月01日
「依頼は苦痛の源なり」
2017年05月01日
「本当に自分を知るには やはり人という 鏡がなくてはならない」
2017年04月01日
「しぶとい この頭がさがったら 浄土の光は こんなところに」