「食前のことば」

 

お参り先の御門徒宅で、悪天候のせいで作物があまり育たないと聞いた。家庭菜園がその調子だと、農家はどうなるのだろうかとふと思った。農業について全くの無智ではあるが、生産者の努力、工夫があっても、最終的にその年の出来、不出来を左右するのは天候ではないだろうか。そう考えると今朝のトマトはいつもより味わい深かった。
毎日の食事、口にしているのは食べ物ではなく「いのち」である。その「いのち」や、そこに携わる人達のご苦労に対する感謝の言葉が食前、食後の言葉である。

                                                        《WA》 

2017年07月01日