「仏法は世間のひまをかきて聞くべし」

 


 お念仏の教えは、日常の生活の忙しいときにこそ、聞かなければならないという意味です。忙しいのは普段さぼっている証拠です。と学生時代に教わりました。色々な理由をつけて、忙しいからと言ってやるべきことを先延ばしにするけれど、振り返ってみて、取り組む時間はいくらでもあったという経験が多々あるのは私だけでしょうか?現にこの文章を作成している今日は、とっくに締め切りを過ぎています。今月23日、24日と札幌別院創立記念法要が勤まります。事前の準備等ありますが、忙しい振りは一休みして、お念仏の教えを聞いていきたいところです。ホームページを御覧の皆様も是非お参り下さい。

《WA》

2018年07月01日