法事について

法事とは亡き人への想いをご縁として仏の「願い」に出遇う大切な仏事です。
法事をお勤めする時は、まずお内仏を荘厳し、参詣者と共にお経を頂き、法話を聴聞します。
法事はご自宅やホテル、斎場などでも行えますが、先ずはお寺にご連絡頂き日程を調整して下さい。

●会場施設一覧
※( )内は会場でお斎(会食)をお召し上がりになる場合の収容人数です。

銀杏の間
広さ    15畳
収容人数  15人(12人)
使用冥加金 \30,000
柏の間
広さ    16畳
収容人数  20人(14人)
使用冥加金 \30,000
広間
広さ    22.5畳
収容人数  30人(24人)
使用冥加金 \35,000
柏の間+銀杏の間
広さ    31畳
収容人数  40人(30人)
使用冥加金 \35,000
旧御堂
広さ    42畳
収容人数  50人(30人)
使用冥加金 \45,000
研修室
広さ    55畳
収容人数  85人(40人)
使用冥加金 \45,000
大広間
広さ    70畳
収容人数  100人(66人)
使用冥加金 \45,000
大谷ホール
広さ    150畳
収容人数  300人(120人)
使用冥加金 \85,000

※真宗各派のみご利用できます。
※上記冥加金は大谷派用ですので、真宗他派に属する方はお問い合わせ下さい。
※法名軸、過去帳など法名のわかるものをご持参下さい。
※お斎用の部屋も別に一部屋ございます。追加料金はかかりません。
※使用冥加金の中には、会場使用料・お飾り料(祭壇、花、供物)・光熱費を含んでおります。
※お部屋の使用時間は法事のみの場合は1時間半、お斎有りの場合は3時間となります。
※キャンセル料は実費がかかった場合のみ、その実費分いただきます。
※会場は全てイス席となります。大谷ホールと研修室は土足での利用となります。